スクリーンショット
  • ファイルサイズ: 9839 KB
  • 価格: $25
  • ダウンロード: 171
  • 作者: Entwicklungsbuero Flache
  • 説明:
    SerialSnifferは、シリアルポート(すなわち、RS232またはRS422)を介して交換されるデータを可視化するためのツールです。

    SerialSnifferはあなたに可能性を与える
    - データの奥深くにビューを持っている。シリアルポートで交換されるデータ·ストリームは、SerialSnifferによって可視化される。また、データがどのポートから来ているかを判断できます。
    - データ·ストリームをログに記録する
    - ネットワークを介してシリアルポートをトンネルに
    - データ·ストリームから専用のデータ部分を交換する
    - めったにないデータを検索する
    - 端末のダイアログを開きます
    - シンボルの代わりに生のデータを使用する

    SerialSnifferは非常に使いやすいです!
    単に接続のタイプ(シリアル、ネットワークまたは仮想シリアルポート)、パラメータ(すなわちボーレート)を選択し、接続を開きます。
    標準のボーレート(9600ボーのような)だけでなく、ユーザーが定義したボーレートを使用することができるだけでなく、。両方comportsが独立して設定できるようにそれは、異なるボーレートの間で変換することも可能です。
    に振る舞うが名前アップ "COM256:"は、シリアルポートのロット(追加のアダプタ、IrDAコントローラ、ブルートゥース等によって提供される)を搭載したシステムでSerialSnifferを使用するようにサポートされています。
    完全なコンフィギュレーションは、アプリケーションを閉じるときに自動的に保存されます。また、ユーザーは、反復的なタスクのためにカスタマイズされたファイルを再ロードし、それにそれを保存することができます。

    SerialRecorderを使用すると、ファイル内の外部デバイスのデータストリームを格納し、後で再生を行うための可能性を与えます。これは、データのために従来のテープ·システムを用いて比較することができます。タイムラインは(データブロック間の休止を含む)も、ファイルに保存されます。

    ほとんどの場合、外部デバイスがPC上で動作しているアプリケーションと通信します。通信チャンネルの内側SerialSniffer取得するには、最も簡単な方法は、既存のアプリケーションが接続できるSerialSnifferによって提供される仮想シリアルポートを使用することです。したがって、1つの物理シリアルポートが必要です。

    FAQ:http://www.serialsniffer.com/en/pdf/SerialSniffer_FAQ_English.pdf

    SerialSniffer is a tool to visualize data, which are exchanged over the serial ports (i.e. RS232 or RS422).

    SerialSniffer gives you the possibility
    - to have a deep view inside the data. The data stream, which is exchange on the serial ports, is visualized by SerialSniffer. You also can determine which data comes from which port.
    - to log the data stream
    - to tunnel the serial port through the network
    - to exchange dedicated data parts from the data stream
    - to search for seldom data
    - to open a terminal dialog
    - to use symbols instead of raw data

    SerialSniffer is very easy to use!
    Simply choose the type of connection (serial, network or virtual serial port), the parameters (i.e. baud rate) and open the connection.
    Not only the standard baud rates (like 9600 baud) but also user defined baud rates can be used. It is also possible to translate between different baud rates, as both comports can be configured independently.
    Comport names up to "Com256:" are supported to use SerialSniffer on systems with a lot of serial ports (provided by additional adapters, IRDA, Bluetooth etc).
    The complete configuration will be stored automatically on closing the application. The user can also store it in customized files to re-load it for recurrently tasks.

    The SerialRecorder gives you the possibility to store the data stream of an external device in a file and do a playback later. This can be compared with using a traditional tape system for the data. The timeline (including the pause between data blocks) will also be stored in the file.

    In most cases, an external device communicates with an application running on the PC. To get SerialSniffer inside the communication channel, the easiest way is to use the virtual serial port provided by SerialSniffer to which the existing application can connect. Therefore, only one physical serial port is needed.

    FAQ: http://www.serialsniffer.com/en/pdf/SerialSniffer_FAQ_English.pdf
  • 無料ダウンロード

新着ソフト